症状の出にくい糖尿病の検査と予防


糖尿病は症状を自覚した時は重症かもしれない

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
4月 21, 2015 at 2:48 PM

自分が糖尿病に罹っているのに全く気付かずに生活している人は、かなりの数に上るんじゃないでしょうか。

何故なら糖尿病は自覚できる症状が少ない病気で、逆に言うと症状を自覚した時はかなり重症になっているのだそうです。

結局は人間ドックなどで血糖値を検査して貰わないと判別できないので、検診は積極的に受けた方が良いです。

完全な糖尿病にまでは至っていなくても俗に言う予備軍になっていないかチェックすべきです。

予備軍の段階なら生活習慣を見直すことで、本格的な病気に移行するのを防ぐことも可能です。

知らずに放置して真性の病気になってしまったら、一度壊れたインスリンを作る部分は復元しないのです。

症状が出て救急車で搬送されても、本人は糖尿病だとは夢にも思ってないというケースもあるそうです。

高血糖で昏睡状態になっても血糖値だけは測ってみなければ知りようもないですね。

昏睡状態というのは稀なケースですが、身体がだるいとか疲れやすいといった症状だけだとどんな病気か全く分かりません。

最近は健康に関する情報もテレビやネットで広まりやすいので、それらを見てひょっとしたら自分は糖尿病ではないかと疑う人も増えています。

単に疲れやすいという症状だけでは色んな病気の可能性があり、病気でさえない場合もありますね。

けれど、食事量がかなり多いのに全然太らないばかりか痩せていくとなれば、糖尿病を疑ってみるべきです。

痩せていることが良いとされる風潮の中で、食べても太らないと喜んでいる場合じゃないです。

沢山食べてもブドウ糖が正常に代謝できないと、エネルギーとして利用できないので痩せていくのです。

また喉が酷く渇いて大量に尿が出るのも、ブドウ糖が使われずに排出されているのかも。

これらの症状がもし糖尿病によるものなら病気は既に進んでいるそうです。

更に重篤な事態に至る前に急いで病院で検査を受けましょう。

ネット上には役立つ情報が色々と上がっていますが、私が参考にしたのは次のサイトです。

参考になる糖尿病の症状についてはこちら

視覚に障害が出ると後々大変なので、糖尿病についてよく知っておくことは大切です。